So-net無料ブログ作成

2011-11-08 鳴戸親方逝く

昨日訃報を聞いてびっくりしてしまいました。 遅咲きの横綱でしたが不知火型の土俵入りがかっこよかったです。 


潰れてしまうのではないかと思えるような往年の名門部屋もあるなかで、関取を4人も抱える部屋をつくったというのは素晴らしいの一言です。 指導者としての能力が高かったのでしょうね。 


稽古を見に行ったことはありませんが、相当に厳しかったそうですね。 弟子への暴行があったとかで、週刊誌のネタにされていましたが、給料がもらえる関取になるには人の何倍も稽古しなければならないでしょうし、その苦しみに耐えられなくて逃げ出した人の言葉を聞きたくはないです。


もちろん、暴行はいけないことですから報じられているようなことがあったとすれば良くはないです。 しかし、鍛えるための愛の鞭と単なる暴行は受ける側の意識によってどちらとも取れるようにおもいます。 その境目を判断するのは難しいですね。


稀勢の里には弔い合戦のつもりで、頑張って欲しいと思います。 唯一それが恩返しですからね。 きっと鳴戸親方の魂が乗り移って実を結ばせてくれると思います。 初場所の土俵に大関として上がって欲しいです。 そう考えると国技館に行くのが待ち遠しいです





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。