So-net無料ブログ作成

2009/10/01 モラトリアム [雑感]

亀井大臣の発言が波紋を呼んでます。 まだ中身は決まっていないようですが。。

中小企業にとっては朗報のように思えますが、支払いをある程度強制的に猶予する制度をつくるとなると、やはりこれは邪道でしょう。 いくら返済を繰り延べても事業量が戻ってこなければ何もならないからです。


今は産業構造が変わっていこうしているところでしょう。 いや変わらなければいけないのです。 これまでの枠組みで生き残っても早晩消えていく運命です。 ここで一回り強い企業に変身しなくてはいけませn。 これまで資金繰りをきちんとやっていないところが苦しむのは仕方がありません。 


企業が再生への道筋を示した上でお金を借りられる制度が必要でしょう。 今までの事業が回復することを祈るだけではなく、新しい道に踏み出すことが必要になると思うのです。 こんな時に返済猶予の適用を受けていると銀行はお金を貸してくれないでしょうね。

銀行の貸し剥がしを防ぐ制度なり指導も必要ですね。 これまでの銀行の態度をみていると特定の業種や分野の企業に対して一律に厳しいようにおもいます。


いずれにしても、新政権は経済の立ち直りに向けて早く手を打って欲しい。 景気が戻るのが一番ですから
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。