So-net無料ブログ作成

2009/11/18 事業仕分け [雑感]

やってますね。 事業仕分け。

連日、あれは廃止だ。 減額だ。 という報道ばかりが伝わってきます。 新聞をみても事業区分と仕分け結果だけで、何が理由でそうなったのかというのが殆ど把握できません。 行政刷新会議のHPで評価コメントを見ても解説なしではよく分からないというものもたくさんあります。


国民はあの切り刻みを、政府は良くやっていると判断するのだろうか? 無駄をなくしていくというのは当然のことですからそれは支持できます。 天下りのための団体や基金なんてつぶしてしまえばいいと思います。 しかし、中には理解できないものも出てきます。 新聞やTVでは断片的にしか報道していませんから、切った張ったの場面ばかりが強調されているので、本当のところが伝わってきていないのです。


例えば、「その事業は地方でやった方がいい」といいます。 それじゃ地方の財源はどう担保されるのかよく分からない。 スパコンやロケットの件もそうです。 伝えられるところによると、「世界一を目指す理由は何か。2位では駄目か」とか 「ロケット開発自体、ビジネスになる見通しが立っていないのに税金を使うのはどうか」とかで予算がカットされたそうではないですか。


研究開発をやったことのない私にだって、それは地道な作業で失敗することが多く、つぎ込んだお金が無駄になるものが多いなんてことはすぐに分かります。 しかし、その失敗の連続中から世界一の技術は生まれてくるもので、最初から成功の見込みのないものには金を出さないなんてことはばかげています。


頂点を目指さなければ、需要だってついてこないでしょう。 資源も土地もない日本が頼れるのはやはり科学技術であって、その振興に水を差すことをやってはいけないでしょう? 


天下りの件はびしびしやってください。 しかし、何によってこの国を発展させるかの展望も持たないで無駄を排除するとのお題目だけはやめてほしい。 リストラしたって収入が増えなきゃ、一時鎬でしかないことは、国民の皆さん十分ご承知ですから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。