So-net無料ブログ作成

2010-06-30 負けてしまうとは思わなかったのですが [雑感]

日本の2010FIFAワールドカップも終わってしまいましたね。 大会は続きますが、あんなに情熱を持ってテレビにかじりつくことは暫く無いでしょう。


それにしてもベスト8へ進ませてあげたかったな。 チャンスはあったけど本当に一点が遠かったですね。 松井のクロスバーに当たった一撃は神様の意地悪ではじき返されてしまいましたし、本田がフリーの状態で外したシュートも、その前のパスがもう少し前に行っていれば確実に決められたでしょうに。

PK戦はもうくじ引きみたいなものですから、結果についてはもうなにも言うことは無いでしょう。 誰が責められる訳でもありません。


これまでの対外試合だと前半は健闘しても、後半に疲れて足が止まり失点を重ねると言うことが多かったのに、全員がディフェンスの気持ちを最後までなくすことなく、立派な戦いぶりでした。


初戦に勝っても奢ることなく、又強者に対しても臆することの無かった戦いぶりは、日本人の気質を見事に表していたと思います。 戦術的にも日本流の戦い方なども見えてきた気がします。 


この成功はきっとサッカー選手を目指す若者に勇気を与えたことでしょう。


ここのところ株価も下がり、世界経済も先行きに不安がありますけれど、そんなことはどうでもいいやと思わせてくれました。 国民がこんなに一体になれた二週間はここしばらく無かったので、元気をもらって嬉しかったです。


仕事が上手くいかなかったり、友達ができなかったりしてイライラしていた若者にも、やればできると言う気持ちにさせたでしょう。 そう。 周りのことなど々でも良いのです。 やるしかないのです。 


話がそれてしまいますが、知人がアルゼンチンでの仕事のアポイントを取ろうとしたところ、負けない限りは大会が終わるまで仕事どころではないとの返事があったそうです。優勝が望めるチームとはいえ、その熱狂さは凄いの一言です。 でも幸せですよね。 そうやって一途になれるものがあるということは。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。