So-net無料ブログ作成

2010-10-12 FIFA決勝戦 [雑感]

素晴らしい決勝戦でした。

お互いが持ち味を出して、これが世界の頂点のプレーだと言うところを見せてくれました。 オランダも二度にわたってロッペンが一人持ち込んだとき、勝利の女神がほほえみそうになったのに、カシーリャスのファインセーブで阻まれてしまいました。


スペインの決勝点はあんなに狭いところを通して最後はフリーになるパス回しで奪って、チームが目指すサッカースタイルをつらぬきました。


延長戦も含め120分を戦いきる体力と気力。 これはもう言葉では言い表せない迫力でした。 凄まじいばかりの執念です。 僅かばかりスペインが勝っていたということでしょう。


勝負が決まってからもスナイデルがずーっと座り込んでいたのが印象的でした。 得られなかったものの大きさがどれほどであったかは、スナイデルのあの表情からうかがい知れました。


このところギリシャの次に問題になるのではないかと言われたスペインにとって明るい話題が、国民の気持ちを救うことになるでしょう。


それにしても、たこのパウル君。 完璧でした。 神の啓示だったのでしょうか。


これで夜はゆっくり寝ることができます。 でも、こんなに興奮したワールドカップはありませんでした。 これも、日本代表が活躍したことが大きな要因だと思います。 これからの日本の躍進を期待したいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。