So-net無料ブログ作成

2010/08/21 ふるさとも暑かった。 [雑感]

高校をでるまで北九州で育った私が大変にお世話になった叔母さんが亡くなって、告別式のために北九州市きています。 今朝は日が昇る前に家を出たので関東がどのくらいの暑さだったのか分かりませんが、福岡空港に着いたときに尋常な暑さでないと感じました。

暑さの他にも驚いたことがあります。 昔羽田空港に通ったときに横浜線の東神奈川で降りて、京急仲木戸駅に乗り継いでいました。  東神奈川駅の階段を下りると、線路の下を通って海側に抜ける車道があって、そこを通る車の波を避けながら京急の駅に行くのに結構時間が掛かっていたと思っていました。 それに、改札口から階段を上がってホームにたどり着いたのに、今ではJRの駅の改札口出てコンコースをたどると京急のホーム階の改札口にたどり着きます。 本当に近く感じました。


羽田に6年間も通いましたから、その頃からそうなっていれば随分便利だったのにと、残念に思いました。


福岡空港についてまたびっくりです。 この頃は北九州に行くのに北九州空港を使っていて福岡空港に降り立っていないので、何時の頃からそうなっているのか分かりませんが、今日気がつきました。 今までのターミナルとは滑走路を挟んだところに国際線のターミナルができているのですね。


タイ航空や大韓航空、それに知らないマークの航空機もあって、随分と国際化された空港になってものだと感心しました。 離発着も頻繁そうです。 元気な博多の街を感じました。


博多駅から小倉駅までのぞみで16分。 それくらいしか離れていないのに、博多に比べると北九州は、古い家屋が結構残っていて取り残された感じがあります。 一応街並みは随分変わってはいると思うのですが、どこか活気を感じないのです。



告別式も終わり、火葬場に行ったのは2時過ぎ頃だったでしょうか。 光が強くて暑さも35度くらいあるのではと感じました。 車と建物の間、ほんの一寸の距離ですがそう思ったのです。 引き続いて初七日を行い、夕方になりましたが、まだむっとしていて、親類のところの仏壇にもお参りしたあと、小倉駅からホテルまで歩いたのですが、21時近くなっても湿気がきつくて汗がぽたぽたと流れました。


高校まで育ったふるさとがこんなに暑かったという思いがありません。 いや、きっとそんなことはなかったのでしょう。 40年経つうちに日本全体が暑くなったのでしょう。 この暑さが経済の熱気であれば良いのにと思うのは、無い物ねだりでしょうか

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。