So-net無料ブログ作成

2010-09-01 タンス株はありませんか [税金の話]

平成13年9月30日以前に取得した上場株式を譲渡した場合には、平成13年10月1日の株価の80%相当額を取得価額とすることが出来る制度があります。 取得価額が80%相当額より低い場合にはこの制度を適用した方が特になりますね。


残念な事に、この制度は今年12月31日で廃止されてしまいます。 株式を現物で持っている人は注意が必要です。 

なにが不都合かというと、取得価額が不明なものは原則的には譲渡対価の5%を取得価額みなす規定があるからです。 来年以降に現物株(タンス株)で取得価額が不明のものを譲渡した場合には、取得価額が5%とみなされてしまいます。 つまり譲渡すれば95%相当額について所得税が課されることになります。


そこで、今年の年末までに譲渡してしまえば現物株式でも特例を受けることができるので、これはもう絶対得だとおもうのです。95%が課税されても取得価額80%相当額が適用される場合に比べ得になるのには相当株価が高くならなければいけないからです。

タンス株を持っている人は年末までに、一度処分の検討をされたら如何でしょうか。


なお、平成16年12月末までに、該当する株式を証券会社の特定口座に株券を預入した場合には、選択した取得価額で登録されていて、それが80%相当額であったとしても、この制度の廃止にかかわらず取得価額はそのまま80%相当額なるので問題ありません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。