So-net無料ブログ作成

2011-01-28 あれはSPだったのだろうか [雑感]

今朝の出勤は車でした。 首都高3号線を渋谷から谷町方向に進んでいたところ、高樹町のランプから黒塗りのセンチュリーが本線に入ってこようとするのが見えました。 そのすぐ後の車から人が身を乗り出して、細長い赤色灯の様なものを振って、車の流れを制するような素振りを見せていました。


私は後続車の事を考えて急にスピードを緩めてもいけないと思い通り過ぎましたが、後続車との間に黒塗りのセンチュリーと若い男性が3~4人乗っているスカイラインが入ってきました。


センチュリーの運転席の隣には品のいい高齢なご婦人が座っていて、後部座席にはだれが乗っているのか分かりませんでした。 


スカイラインの男はきっとSPだ。 そう思いました。 これまでそんなところに出会わせたことがありませんのでよくは分かりません。 しかし、きっとそうです。 車にはいくつかアンテナが立っていて装備が凄いことを伺わせます。 なぜだか分かりませんがサイドミラーの他に運転教習車によくついているミラーみたいなものもついています。同乗車が後続車を見るためでしょうか?


センチュリーが車線を変えようとすると、後にいるスカイラインから身を乗り出して合図してまず自分が割り込み、センチュリーを前に入れます。



岡田准一主演の「SP 野望編」を見ました。 あれだーーー。 きっと本物のSPだと思います。 映画のなかでは格闘シーンが格好いいSPも、実際には身を乗り出して車を制している姿には大変だなあと思ってしまいました。


野望編は尻切れトンボの終わり方だっただけに、革命編を見なくては消化不良ですっきりしません。 3月12公開とか。 楽しみです。




 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。