So-net無料ブログ作成

2011-03-12 地震@新橋の事務所 [雑感]

本当に凄まじい地震でしたね。 確定申告の作業で新橋の事務所に居たのですが、最初がたがたっと来たときはああ地震が来たなと思った程度でした。 だんだん揺れが激しくなり、ぎしぎしと建物が悲鳴を上げるようになってきて、棚にのせてあった書類が落ちて散乱するようになってくると、倒壊してしまうのではないかと思えるほどでした。

古いビルなので耐震規制をクリアしているはずもなく、大きい地震に耐えられる保証もないので本当は外に逃げるべきだったのでしょう。 しかしこのよう恐怖を感じるほどの揺れでも震度は5弱だったというのですから、震源地に近かったところでは想像できないほどの揺れだったのでしょうね。


余震があるかも知れないと思ったのと情報が欲しかったので隣の日テレビルにあるテレビボードを見に行きました。 その時点ではあまり情報が無かったのですが、今日のテレビ放送を見ているとどこまで被害が拡がるのだろうと思っています。

地震の余波で昨日は東京の交通網がずたずたになってしまったので、かなりの人が至るところで足止めを食らって右往左往という感じでした。 しかし、こんな混乱の時でも日本人は整然と行動できる素晴らしい民族であることを再認識できたことがよかったです。


法律や条例で決められているのでしょうけれども、帰宅難民に宿泊所を提供する場所も早々と報じられましたし、ホテルもロビーを解放したそうですね。 ホテルロイヤルパーク汐留でも訪れた人に椅子や毛布を提供していました。 

昨日は車で来ていました。 Ustreamで被災地の状況を見ながら仕事を続けましたが、夜9時頃になって外に出てみると道路はとんでもないことになっていました。 これはすぐに動いても仕方ないと思って真夜中になってから帰ろうと思いました。

首都高が閉鎖されているけれども東名は走れると聞いたので何時間かかっても帰ろうと思いましたが、一般道路はほとんど動きませんでした。 首都高が走れないときに利用する国道246号線は全然動いていないということを聞いていましたので、目黒通りを通って環八に抜けようとしましたが、それでも新橋から目黒まで2時間半ほど掛かってしまいました。


カーナビでは目黒どおりは目黒を過ぎた辺りから渋滞情報がでていなかったのですが、目黒についてみるとやはり詰まっていていたので、首都高の状況を再確認したところ池尻大橋からは動いているというので、目黒通りから外れ池尻に向かいました。 情報が正しいかどうか分かりませんでしたが、このまま目黒どおりを進んでも渋滞にはまったままというのが目に見えていたので、首都高を選択しました。


結果的にはこれがよかったと思います。 その後は渋滞にもはまらずに家に帰り着きました。 それでも通常1時間ほどの道のりを3時間半掛かってしまいました。 

首都高は上り線を閉鎖していました。 ただ赤色灯を光らせて消防車が都心方面に向かって走って行きました。 何だろうと思っているとかなりの台数の消防車・救急車・警察車両が対面で通り過ぎていきます。 被災地に応援に行く車両だったのでしょう。 だから上り線は止めていたのでしょうかね。


次々と明らかになる被災地の状況を思うと、被害に遭われた方やお亡くなりになった方には言葉もありません。 幸いなことに政府は与野党の協力をえて対策に動き始めました。 つまらなく揉めていた国会論争がこんな形で一息つくのは皮肉ですが、ともかく全力で復興に向けて行動してもらいたいと思います。


遠く離れた東京での混乱ぶりをみると、やはり日頃から心の備えをしていないといけないと思いました。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。