So-net無料ブログ作成

2010-06-15 小惑星探査機「はやぶさ」 [雑感]

ロマンですね。 前々から報道されて他のかどうかわかりませんが、帰還直前に大きく取り上げられていて知りました。 当初4年の行程で計画されたそうですが、トラブル続きで7年も掛かったそうですね。

けなげですねえ。 途中で通信も途絶え行方不明になったりしたそうですし、満身創痍でミッションを果たすべく地球に帰還しようとする様に、こころ打たれてしまいました。

JAXAのHPで機体データを見ると、わずか510kgという軽量さです。 7年もこの探査機を見守ってきた係の人たちにとっては、機械以上の何かであったに違いありません。


仕事というのはこのように達成していくものなんだなという感を深くしました。 通信が途絶えても必死に見つけようとしたり、エンジンが故障しても何とか遠隔操作で復旧させようとしたり、諦めないで最善を尽くした様が目に浮かびます。 「はやぶさ」もそれが分かったから戻ってきたのでしょう。


最後は大気圏突入で自らを燃焼させながら、小惑星イトカワのサンプルが入っているかも知れないカプセルを、無事送り届けるなんて、本当にドラマのようです。 テレビで見た花火のように燃え尽きる様は長く記憶に残りそうです。


日本経済新聞のWEB版によると、開発に要したお金は130億円。 ある資料によるとアメリカのスペースシャトルの開発費は275億ドル、日本円に換算して約2兆5000億円ということですから、日本の技術力の高さを誇っていいと思います。 これでイトカワのサンプルが採取できていれば、本当に驚愕的なコストパフォーマンスといえるでしょう。


この成功は、日本人の科学や技術にたいする自信を取り戻させたということでも、本当に価値があったと思います。 この事業に携わった皆さん。 本当にご苦労さまでした。 そして、おめでとうございます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。