So-net無料ブログ作成

2010-10-07 自信を取り戻そう [雑感]

鈴木教授と根岸教授のノーベル化学賞受賞は閉塞感漂う日本に希望をもたらしてくれました。


日本の若者が夢を持って続いていって欲しいものです。 この頃内向き指向が強いと言われていますが、きっとそんなに捨てたものではないでしょう。


これまでの日本の繁栄は歴代のノーベル賞受賞者のような地道な研究者によって支えられてきたといえるので、今後も科学技術の進展で国を伸ばして行くしかないのではと思います。


しかし、クラゲの蛍光タンパクで受賞した下村教授もそうですが、アメリカの研究環境が受賞を支えている現実をみると、日本の現実はお寒い限りですね。


蓮舫大臣が「2位じゃだめなんでしょうか」と物議も醸した事業仕分けで、本当のところ科学技術振興のための予算はどうなったのでしょうか? 以前、予算削減で大学の若い研究者たちが人件費削減のために追い出されてしまっていると報道されていましたので、やはり縮減されたのでしょうね。


もっとも、そんな予算の多くの部分が直接研究費にはまわってなくて、周辺の人間にピンハネされているのではないか思う疑うのは下衆の勘ぐりでしょうか。


一見無駄とみえる研究にお金が掛けられるような事でないと、世界をリードしていく技術やノウハウを得ることは難しいとおもいます。 しかし、国民のお金を使う以上無駄と思われるようなことには予算も付けづらいというのもわかります。 しかし、そこをやるのが政治家のつとめだと思いますがね。


研究者個人の立場からすれば、研究できるところならどこでも良いわけで良い環境の所へどんどん出て行けばいいと思います。 国内にしがみつく必要もないでしょう。 


今いえることは先輩の後に続いて、名を成すことを目標に頑張ると言うことです。 
 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。