So-net無料ブログ作成

食べある記-末廣鮨 [グルメの話]

末廣鮨

静岡市清水区江尻東2丁目5−28
054-366-6083

和食(すし)


利用日 2010/12/23


最初に言ったのは10年以上も前になるでしょうか? 清水で開催されたダンスの競技会の後で、駅前のお土産屋さんのご主人に勧められて行きました。 それ以来毎年静岡の競技会の後は必ず行くようにしています。 ところが去年も今年も競技会にでなかったので訪れる機会がなく、とにかくお鮨を食べようと出かけてきました。


トロを売り物にしていますが、蒸し鮑や平目などもなかなか絶品です。 競技会の日程上夏に行くことが殆どでしたが、今回は冬に食べられるものとしてふぐの白子を賞味しました。 ふぐの身は食感で食べるものだとおもっていますが、白子の焼いたものはそのクリーミーさが何とも言えぬ味わいです。


例年ではあり得ないそうですが異常気象のせいでしょう、まだかつおを食べる事ができました。 ちっとも生臭くなく確かに旨味があるさかなだと思いました。


顔なじみなので注文は握ってくださいと言うまではお酒の進み具合に合わせて肴を適当に出してくれます。 同じネタでもいろいろ趣向を変えて食べさせてくれるのも楽しいです。


親方は70歳ですが矍鑠としています。 膝が悪くて大変だと言いながらも今日も顔を見せてくれました。 親方が顔を出すとお店がぴーんと張り詰めたように感じます。 職人魂に板場のみなさんが反応するのでしょうね。


お酒を飲んでそこそこ食べれば一人1万5千円位ですね。 高いと言えば高いですが、東京当たりで同じものを食べると2、3万はとられるのではないでしょうか。 10人くらい座れるカウンターは一枚板の白木で高級で近寄りがたいような作りではありますが、職人さんたちは親方初め皆さん気さくで居心地の良い店です。


電車賃払っても行きたい店の一つです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

たべある記-遊旬 こだま [グルメの話]

遊旬 こだま

品川区上大崎3-4-4
03-5423-0743


和食

利用日 2010/12/21

松葉ガニを食べに行ってきました。 昔伊丹に勤務していたときは兵庫県にある鉢伏山スキー場に良く行きました。民宿の叔母さんがカニを食べさせてくれましたので馴染みあるものでしたが、東京に出てきてからは余り機会が無かったので久しぶりです。



予約が必要なので先週お願いしたのですが、お刺身でもいけるのがあるということでそれをお願いしました。 生の松葉ガニを食べた経験はありますが遠い昔の事です。 珍しいのでそうしてもらいました。



お刺身のほかに足の部分を少し天ぷらにしてもらいました。実際のところ火を入れた方が甘みが増して美味しいですね。 ふわふわとした食感も味わいをまします。



正確には覚えていませんが、お正月のおせち料理の仕込みで23日くらいからお休みになります。 今年は終わりですね。 来年はどんなものを食べさせてくれるのか楽しみです。


利用日 2010/08/03

去年初めて利用してから、だいたい一月から二月に1回くらいは行っています。

今回は食べログなんかで掲載されているお店の地図情報が間違っているとのことなので、そのことについてもお知らせしておきましょう。
 

ちょっと食べられればよかったので、3,150円の酒肴コースにしました。 とはいえ、車に乗っていたので、残念ながらお茶です。

先付はぜんまいやなすびの煮物、インゲンの白和え。 揚げ物も蓮根の海老しんじょうはさみと野菜ものがたくさんでした。 体調が優れないときには野菜を取ることにしている私にとっては有り難いメニューです。


最後に頂いた汁物はじゅんさいのお吸い物でしたが、飲んだ後もそこはかとない風味が舌の上に残るいい味でした。 そんなに高価なメニューではありませんが、和食のいい店が少なくなって玄人の板前の味に出会えるところが少なくなっているのでこの店は貴重です。


店の場所はお店のHPで確認して行ってください。 食べログで案内している地図ではJR目黒駅から来てローソンの手前を右に入るようになっていますが、これは違いますから。 ローソンをすぎて10mほど行ったところにある幅2mほどの小路を右に入ります。 目黒通りからお店の看板は見えませんから要注意です。


お店のホームページはこちら



利用日 2009/3/31


目黒の駅から目黒通りを白金台の方向に上がります。新生銀行を左手に見ながら進むとローソンと郵便局が見えます。 ちょうどその間の路地を入って30mくらいのところ右手に店があります。ちょっとひっこんでいるので、目黒通りから見えないかもしれません。


3月の6日にオープンしたばかりだそうです。 10人ほどが座れるカウンター席と奥にお座敷があります。開店したばかりなのであたりまえだと言えば当たり前ですが、清潔感あふれるお店です。 こじんまりとした店ですが決して居酒屋さんではありません。 本物の和食を食べさせようという店主の意気込みを感じる店です。


店主といってもまだお若いようにお見受けしました。30才ちょっとまえという感じです。 控え目な人柄を感じさせます。 料理の基本は5,250円のお任せコースと3,150円の酒肴コースです。 ちょっと遅めの入店だったので、食材がなくてやむなく一品でのオーダーとなりました。


先附で、ホタルイカの酢味噌、小松菜の煮浸し、はわさびのお浸し。
お造りは三品盛りで黒鯛、平貝、しめサバ
そのほか、ハマグリの酒蒸し、カジキの焼き物、だし巻きを注文


味は京風の薄味。 これで満足させるのはなかなか腕がいります。 もう少し深みのある味だと満点ですが、これからの精進に期待しましょう。


といっても注文をつければということで、和食のいい店がすくなくなっている中なかなか貴重なお店だと思います。

日曜・祭日はお休み、23:00までに入店すればとのことです。 でも、あまり遅いと食材がなくなってだめってこともあるかもしれません。
 

お酒を飲めば一人7~8千円というところでしょうか。 ちょっとお高いけどコストパフォーマンスは高いとおもいます。 接待にも使えますし、若い人もこういう店を手札に持つといいんじゃないでしょうかね




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。