So-net無料ブログ作成

2010-12-30 沈まぬ太陽、沈んだ日本航空 [雑感]

WOWOWで「沈まぬ太陽」をやっています。


小説は読みましたが映画は見ていませんでした。 改めて恩知、いや小倉委員長の人間としての矜恃を感じます。 人間の価値ってなんでしょうか?


もちろんこれは小説ですから、小倉さんが真実どんな人間であったか知るよしもありません。 しかし、人間を大切にしなかった会社未来がないことは今の日本航空の実際の姿が示しています。 こんな企業に存在価値があるのでしょうか? 


御巣鷹の事故の場面では涙が止まりませんでした。 航空業界に身を置いたものとしては耐えられない情景です。 悲惨な事故が起こらないことを祈るばかりです。


日本航空ではついに整理解雇に踏み切ることになってしまいました。 小倉委員長の出身母体である組合が反対しているのは皮肉でもあります。 会社と組合の対立。 どこかで間違ってしまったのは明白ですが、もう後戻りは出来ません。


全くの余談ですが、ゲゲゲの女房で人気を博した松下奈緒さんも亡くなったCAを演じていたのですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。