So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2011-05-31 ドイツが原発を2022年までにSTOPする [雑感]

だからといってたいした英断だと単純には賞賛できません。 ドイツでも原発依存度は25%ほどあると言うことだから、代替えをどうするかという問題は残ります。


風力発電や太陽光発電など自然エネルギーがどれほど代替えできるのでしょうかね。 まあ10年ほどありますから技術革新も相当にカバーしてくれるでしょう。 それでも電力重要の増加に対応できるのかという疑問もわきます。


それに、隣には原発推進のフランスがありますから、結局のところ買電というところに行き着いてしまうのではないかと心配してしまうのです。


日本の場合そうはいきませんね。 電力は必要。 でも原発はいや。 そんな単純な論議でないことは明らかですね。 電力消費量を劇的に抑えても日本に成長の道はあるのか。 それとも成長なくても社会は維持できるのか。 様々な問題があります。 


私にはちょっとした期待があります。 日本ではひょっとすると原発推進のために自然エネルギーはコストが見合わないと思いこまされてきただけなのかも。 水力とか地熱とかも組み合わせていけば案外代替エネルギーになるのかも知れません。  政府が全く信用できないので代替えエネルギー開発実は簡単にできるのではと思えてしまうのです。   ドイツの動きも実は勝算があることなのかも知れませんね 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-05-30 グランドシニア [ダンスの話]

ひょんなことから、別のパートナーとグランドシニア戦に出場しようということになって、もっかダブルパートナーとなり練習量の増加で少々お疲れ気味です。 土曜日など場合によっては5時間くらいの練習になって、腰に疲れがたまるとぎっくり腰になってしまうのではないかと心配しています。 今のところ体の手入れをしながらなんとか無事にやってますけど。


スタンダードは私にそれほどの技量がないので、グランドシニアのパートナーとは溝の口でレッスンを週に一度受けていて、ラテンは自前で練習しています。


今年の1月から4月に開催されるであろうグランドシニアの競技会出場を目指して練習を始めました。 土日しか練習できないし、ステップも初めて組むのですからそんなにたくさんのフィガーを取り入れるわけに生きませんでした。 実際の日程が5月にずれ込んで少し救われました。 競技会間際まで出来ない部分もあったりしましたが、元来呑気ものですからまあ何とかなるだろうと思って競技会に臨みました。


パートナーはスタンダードの競技会に出場するのは初めてだったので、グランドシニアのD級戦から始めることにしました。 1月から土日は休んだのが4,5日くらいの練習で、パートナーも自分だけレッスンをうけるなど一生懸命練習して先々週の日曜日と昨日の競技会でグランドシニアD級とC級に連続して優勝できました。 ラテンはある程度いけるかなと思っていましたが、グランドシニアとはいえC級クラスのカップルも出場するのですからスタンダードに勝てたのが良かったです。 初期の目的は首尾良く果たしたので、スローとサンバを入れて後期はもう少し上のクラスを狙おうと思っています。


久々の競技会で旧知の方々に会えたのも楽しかったです。 まだまだみんな元気です。 もちろん年を重ねていますから以前のようには体が動かないにしても、一歩でも向上したいと思えば上達する道は残されているようにおもいます。


6月からは本来のパートナーと復活戦に出場します。 もともと3月に2試合出場しようと思っていたのに、震災で中止になってしまいましたから、遅ればせながらということになってしまいましたが、こちらもなんとか良い成績を上げたいと思っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2011-05-26 アイスランドの火山噴火 [雑感]

この間アイスランドの火山の噴煙で飛行機の航行に影響が出そうだと聞いていましたが、 なんとか落ち着いたようですね。


それでもドイツでは水曜日に700便ほどキャンセルになってしまったとか。 大損害ですね。 今週から丁度ブラックプールダンスフェスティバルが始まるので我々のコーチャーも今日出発するはずですが、今のところヒースロー空港は影響がなさそうで良かったです。


それにしても、噴煙が飛行機を止めてしまうのですから、自然の力は馬鹿にできません。 たしかアイスランドは地熱発電で殆どの電力をまかなっていたかと思うのですが、普段の恵みも時には災害になってしまうのですね。


私の場合どうしても飛行機への影響を考えてしまうのですが、アイスランドの街に降り注いでいる灰のすごさは想像以上なのでしょう。 ときどき桜島の噴火で鹿児島市内に灰が積もる状景が報道されますが、きっとアンナものではないのでしょう。 想像すると窒息してしまいそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-05-25 たねや [雑感]

贈り物をしようと銀座三越に行ってきました。 増築してから初めてだったので、配置も随分変わっていましたね。

B2の食品街で用事を済ませて帰ろうとすると、「たねや」の看板が目につきました。 滋賀県は近江八幡市に本社をおく老舗のお菓子家さんです。 奥さんが滋賀県出身だというのについこの間まで「たねや」というものを知りませんでした。


GW前に実家訪れた際、叔母がたねやの柏餅を用意してくれていて、これがとっても美味しかったものですから、「こんな店があるのだ」と認識していました。


Wikipediaで近江商人を引くとこんな言葉があります。 


その商才を江戸っ子から妬まれ、伊勢商人とともに「近江泥棒伊勢乞食」と蔑まれたが、その実は、当時世界最高水準の複式簿記考案(中井源左衛門・日野商人)(小倉栄一郎『江州中井家帳合の法』)や、契約ホテルのはしりとも言える「大当番仲間」制度の創設(日野商人)、現在のチェーン店の考えに近い出店・枝店を積極的に開設するなど、徹底した合理化による流通革命だったと評価されている。

江戸っ子ではない私も近江商人という言葉にはこれに近い感覚を持っていたと思います。 しかしたねやのCEOの言葉を読むと、本当に商売と言うものに真摯に取り組んでいることが分かります。 そんな精神構造が永年にわたって日本を支えてきたのでしょうし、これからもきっと支えていくのだと思います。


いつも仕事や研修ばかりだと息も詰まってしまいますが、たまにデパートなんかにいくと買いたいものが一杯並んでいて楽しくなってしまいます。 おまけにちょっと知った店を見つけると、これは何か買って帰らなくてはと思ってしまいました。

いろいろな種類がありましたが、トマトゼリーを仕入れてみました。 冷やして食べるのが楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2011-05-19 珍しい幕下力士の記事掲載 [雑感]

今日の日経新聞に幕下二枚目隆の山の十両昇進が確実になったとかで、昨日の取り組み写真と共に掲載されていました。 幕下力士についてこんな取扱をするのは滅多にないことでびっくりしています。


体重が101kgしかないので大きな力士を相手にして勝つには土俵上を動き回ってスピードで上回るしかないのでしょうね。 


苦節10年だそうです。 チェコ出身の関取は初めてだそうで母国で話題になるのでしょうね。 身長は187cmもあるのですからもう少し体重が増えても良さそうなのですが、体質なのでしょうか本当に細身のそっぷ型力士です。 


関取になる前に髪の毛の問題で大銀杏が結えなくなるのではと心配していましたが、何とか間に合ったみたいですね。 名古屋場所の応援に行ってみようかな


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-05-18 はじめに工程ありき? [雑感]

改定された工程表でも内容の変更はあったもののスケジュール自体に変更はないそうです。 しかし、作業の進捗の確実性は無いわけで国民は誰もその通りに進むなんて思っていないでしょう。 仮に工程表通りに原子炉が冷温停止状態になったとして、避難した住民は戻って生活できるのでしょうか?


汚染水や汚染瓦礫の処理はどうなるのだろうか? ひょっとして再臨界が起こっているのではないか? 疑問は次々に湧いてきます。 そんなことには耳を傾けず、予定通りに事が進んでいると思わせたいのでしょう。 


しかし福島第一原発に関するマスメディアの報道を単純には信じられなくなってきました。 ただ政府や東電の発表を伝えるだけでは真実を伝えることにはならないでしょう。 大本営発表を聞かされる気分になってきました。


炉心溶融が震災後すぐに起こっていた、恐らくその可能性を十分に認識していたにも拘わらず、コントロール下にあるような東電の発表をそのまま伝えていたのは、パニックを心配してのことかもしれませんが、それは大きなお世話というものです。 政府による報道規制でも行われていたのではないかと思ってしまいます。



菅首相は目処を示すことが政治の役割とばかりに東電にスケジュールを発表するようにいわば強要しました。一旦立てた目標を崩さないのが役人の性質で、とにかくそれに向かって走るしかないと思っているのでしょう。 でも事態がどんどん悪化しているのに、これまで通りのスケジュールで本当に対応出来るのかという疑念は膨らむだけです。


そのことが報道の真実味を損ねていることに気がついてないのでしょうか? 随分と国民を馬鹿にした話です。 IAEAの調査団が来るそうですね。 情けない話ですが真実を手に入れるためには調査団の発表を待つしかありませんね。 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-05-16 大相撲技量審査場所 [雑感]

一週間前になりますが行ってきました。 ダンス仲間にラッキーな人がいて、親孝行のために申し込んだら当たったので席が空いてるのでとお誘いを受けてしまいました。


枡席の14番目でちょっと遠目でしたが、テレビ放送がないことを考えれば本当にありがたいことでした。 興行場所ではないということでアルコールがだめなのは一寸寂しい気がしました。 二日目に行ったのですが、前日情報で十両の土俵入りが力士が少なくて寂しいと聞いていましたが、本当にぱらぱらと言った感じで情けないくらいでした。


観客の入りも3分の2位といったところだったでしょうか。 何となく客層も違うように思えましたが全然根拠はありません。 ただ、声援がいつもに比べると少なかったような気がします。 


魁皇が頑張っていますね。 千代の富士の通算最多勝1,045勝を超えてしまうような感じもしてきました。 今場所で達成できるかどうかわかりませんが、是非頑張って貰いたいものです。


十両の席が空いたので幕下上位力士は本当に必死でしょうね。 チェコ出身の隆の山も大きな相手に苦労しながらこの日は勝ちました。 身長はともかく体重が100キロほどと言うことで外国人にしては細身の体で頑張っているので応援しています


御茶屋のサービスがなかったのも寂しかったですし、取り組み終了後の跳ね太鼓もなくて楽しさが今ひとつでした。 早くすっきりとして出直して欲しいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-05-07 やっぱりパフォーマンスが優先する [雑感]

唐突に浜岡原発の運転停止要請です。


運転停止要請には反対しませんが、どうしてなのかまたは何故今なのかについては全然理解できません。 これからの電力政策をどうするのかという大局観も示さず、浜岡原発をとめるということで決断力があるということを示そうとしているに過ぎません。


マグニチュード8以上の地震が30年以内に発生する確率が87%あるからというが、それは何時分かったのだろうか? 正確な数値はともかくとして東海沖に巨大地震が何時来てもおかしくないのは国民全員が知っていることで、あたかも今告げられたから判断したかのようにいっているのは解せない。


これが、福島第1原発の事故発生から間をおかずにやっていれば喝采を得られたかも知れないのに、震災後の対応のまずさを見せつけられたあとでは人気回復のパフォーマンスとしか受け取れませんね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-05-02 トップの演説 [雑感]

オサマ・ビン・ラディンを殺害したというメッセージを伝えるオバマ大統領の会見を見ました。 目線の先には原稿が映し出されているのかもしれませんが、少なくともカメラに真正面に向かって淀みなくうったえる演説には説得力がありました。


翻って菅首相の福島原発で避難勧告をする記者会見では心になにも響いてきません。 言葉は切れ切れだし、なにを訴えたいのかもわかりません。 原発に終始するあまりに、震災にたいする復旧・復興メッセージもあったのかどうか分からないです。


記者会見という映像は目線がテレビの視聴者に向いていませんから、誰にたいして言っているか分かりません。 もっと、真正面からメッセージを送ることはできないのでしょうか? 


もっとも演説内容に中身がないので、どんなに取り繕っても所詮だめでしょうね。 国民がこの人について行きたいというような演説ができる首相が現れないのでしょうかね。 いずれにせよ椅子にしがみついているだけの人をトップに置いて居る悲劇は早くやめてもらいたいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-04-30 美姫ティおめでとう [雑感]

キム・ヨナを押さえて世界選手権優勝おめでとう。 本当によくやりました。


オリンピックの成績には恵まれていませんが、着実にステップアップしてきているのでこれからも期待できます。 故障続きで何度も止めようとしたらしいですが、続けてきてよかったですね。


四回転ジャンプにこだわっていた頃の彼女の表現は手の振りが棒のようで幼稚な感じがしていましたが、この頃は妖艶な雰囲気さえ感じさせます。 なにか別の境地を見つけたような気がします。


ソチオリンピックまでは、まだまだ時間がありますので年齢的には厳しくなるかもしれませんが、当然活躍を期待したいところです。 しかしどん底から這い上がってきたのですから、もう一度オリンピックで一花咲かせて欲しいですね。

真央ちゃんはこの結果は本意ではないかもしれませんが、まだまだ時間もありますのでじっくりやって欲しいと思います。 今のどん底の状態から這い上がらなければ勝利の女神も微笑んではくれないでしょう。 とにかく、自信を取り戻して欲しいですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。