So-net無料ブログ作成

2011-05-18 はじめに工程ありき? [雑感]

改定された工程表でも内容の変更はあったもののスケジュール自体に変更はないそうです。 しかし、作業の進捗の確実性は無いわけで国民は誰もその通りに進むなんて思っていないでしょう。 仮に工程表通りに原子炉が冷温停止状態になったとして、避難した住民は戻って生活できるのでしょうか?


汚染水や汚染瓦礫の処理はどうなるのだろうか? ひょっとして再臨界が起こっているのではないか? 疑問は次々に湧いてきます。 そんなことには耳を傾けず、予定通りに事が進んでいると思わせたいのでしょう。 


しかし福島第一原発に関するマスメディアの報道を単純には信じられなくなってきました。 ただ政府や東電の発表を伝えるだけでは真実を伝えることにはならないでしょう。 大本営発表を聞かされる気分になってきました。


炉心溶融が震災後すぐに起こっていた、恐らくその可能性を十分に認識していたにも拘わらず、コントロール下にあるような東電の発表をそのまま伝えていたのは、パニックを心配してのことかもしれませんが、それは大きなお世話というものです。 政府による報道規制でも行われていたのではないかと思ってしまいます。



菅首相は目処を示すことが政治の役割とばかりに東電にスケジュールを発表するようにいわば強要しました。一旦立てた目標を崩さないのが役人の性質で、とにかくそれに向かって走るしかないと思っているのでしょう。 でも事態がどんどん悪化しているのに、これまで通りのスケジュールで本当に対応出来るのかという疑念は膨らむだけです。


そのことが報道の真実味を損ねていることに気がついてないのでしょうか? 随分と国民を馬鹿にした話です。 IAEAの調査団が来るそうですね。 情けない話ですが真実を手に入れるためには調査団の発表を待つしかありませんね。 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。