So-net無料ブログ作成

2011-05-26 アイスランドの火山噴火 [雑感]

この間アイスランドの火山の噴煙で飛行機の航行に影響が出そうだと聞いていましたが、 なんとか落ち着いたようですね。


それでもドイツでは水曜日に700便ほどキャンセルになってしまったとか。 大損害ですね。 今週から丁度ブラックプールダンスフェスティバルが始まるので我々のコーチャーも今日出発するはずですが、今のところヒースロー空港は影響がなさそうで良かったです。


それにしても、噴煙が飛行機を止めてしまうのですから、自然の力は馬鹿にできません。 たしかアイスランドは地熱発電で殆どの電力をまかなっていたかと思うのですが、普段の恵みも時には災害になってしまうのですね。


私の場合どうしても飛行機への影響を考えてしまうのですが、アイスランドの街に降り注いでいる灰のすごさは想像以上なのでしょう。 ときどき桜島の噴火で鹿児島市内に灰が積もる状景が報道されますが、きっとアンナものではないのでしょう。 想像すると窒息してしまいそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-05-25 たねや [雑感]

贈り物をしようと銀座三越に行ってきました。 増築してから初めてだったので、配置も随分変わっていましたね。

B2の食品街で用事を済ませて帰ろうとすると、「たねや」の看板が目につきました。 滋賀県は近江八幡市に本社をおく老舗のお菓子家さんです。 奥さんが滋賀県出身だというのについこの間まで「たねや」というものを知りませんでした。


GW前に実家訪れた際、叔母がたねやの柏餅を用意してくれていて、これがとっても美味しかったものですから、「こんな店があるのだ」と認識していました。


Wikipediaで近江商人を引くとこんな言葉があります。 


その商才を江戸っ子から妬まれ、伊勢商人とともに「近江泥棒伊勢乞食」と蔑まれたが、その実は、当時世界最高水準の複式簿記考案(中井源左衛門・日野商人)(小倉栄一郎『江州中井家帳合の法』)や、契約ホテルのはしりとも言える「大当番仲間」制度の創設(日野商人)、現在のチェーン店の考えに近い出店・枝店を積極的に開設するなど、徹底した合理化による流通革命だったと評価されている。

江戸っ子ではない私も近江商人という言葉にはこれに近い感覚を持っていたと思います。 しかしたねやのCEOの言葉を読むと、本当に商売と言うものに真摯に取り組んでいることが分かります。 そんな精神構造が永年にわたって日本を支えてきたのでしょうし、これからもきっと支えていくのだと思います。


いつも仕事や研修ばかりだと息も詰まってしまいますが、たまにデパートなんかにいくと買いたいものが一杯並んでいて楽しくなってしまいます。 おまけにちょっと知った店を見つけると、これは何か買って帰らなくてはと思ってしまいました。

いろいろな種類がありましたが、トマトゼリーを仕入れてみました。 冷やして食べるのが楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。