So-net無料ブログ作成

2011-11-01 Boeing787 [雑感]

今日は記念すべき国内定期便初フライトの日です。 航空会社にとって新しい機体を導入することは、会社の運命を左右するほどの出来事ですから、ANAのOBとしてはこの先順調にフライトしてくれと祈るばかりです。


当初は2008年6月に就航を予定していたそうなので、3年も遅れたことになります。 全日空にとってみれば目算が狂って大変だったと思います。 飛行機は持ってくれば明日から飛べると言うものではありません。


パイロットや整備士はは機種毎にライセンスが必要ですし、機材の導入計画に応じて前もって訓練しなければなりません。 予約のシステムだって座席指定の機能は新しくしなければならないのですから、準備に相当のお金と時間が掛かることになります。 


計画通りに行かないと相当な損失が出てくるはずです。 ボーイング社に対して損害賠償を求めたということもきっとあったと思います。 報道では準国産機などと煽てられていますが、そんな良いところばかりではなかったでしょう。


それでも、日本の企業が飛行機の製造に携わることが出来たのは大きな経験であったと思います。 丁度、日経新聞の「私の履歴書」に東レの前田さんのお話が載っています。 東レが開発した炭素繊維を約半分使用した複合材が機体になっているそうです。 軽くて強い、そして湿気の影響を受けないので客室内での湿度を従来機に比べて高く保てるのでお肌にいいとか。


就航している岡山には知人がイタリアンの店をやっているので、ダンスの競技会でもあれば出場を兼ねて行きたいと思っていますが、来年の岡山の競技会は何時開催されるでしょうか。 早い内に登場したいと思っていますが、今年の例で言えば10月開催なのでそこまでは待てないですね。


順次路線も増えていくようですから、確定申告が終わる3月下旬には乗ってみたいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2011-10-31 スタンダードは基本練習が足りない [ダンスの話]

去年一年間不出場で落としたクラスを取り戻して、もう一つ上を望んで古河で行われた競技会に出てきました。


B級ラテンは3位までが2分の1昇級に辛うじて3位に滑り込み久々にA級復活です。 しかし、A級を維持するためには、もう少しウェイトをサポートしている足に残すことが必要です。 人それぞれの踊りのタイプがありますが、私も自分自身の踊りのイメージをやっと持てるようになりました。


でもそれがきちんと出来るのかというとそう簡単ではありません。 やはり、どんな状況でも思い通りの踊りができるように練習を積み重ねることが必要です。 きっと地道な練習になるでしょうね。 それでも、やることが見えているときは前に進めます。


できが良くなかったのはスタンダードです。 自分ではそんな意識はないのに、パートナーに言わせると体が反っくり返っていたそうです。 しかし、競技中に修正することはそう簡単ではありません。


2次止まりの轟沈です。 コーチャーの都合や自分の都合で3週間ほどレッスンがなかったのも確かに痛かったのですが、ラテン同様今の自分がこなさなければいけない基本動作が身についていないようです。


今年のスタンダードの出場予定の競技会は3つ、チャレンジはしますがとても昇級は望めないでしょう。 12月と1月はじっくりと練習する時間にしようと思っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。